スマホケースのフラップケースについて

スマホケースのタイプには様々ありますが、フラップケースというタイプがあります。このケースの特徴は簡単にいえば手帳型タイプのケースの簡易版といった感じです。スマホの側面や背面以外に、手帳型タイプと同じように全面も保護してくれるタイプす。ですが手帳型に比べて作りは薄くとてもシンプルなものが多いです。手帳型の場合は仕事で使う場合を想定しているものが多いので、横向きで置いたりペンが置けたりとさまざまな機能がありましたが、フラップケースはスマホを普段からよく使う縦向きタイプが主流です。手帳型タイプにははいカメラの穴や充電器に差す機能なども、フラップケースタイプにはしっかり装備されているので、カメラや充電器を使用する際にケースから取りだす必要はありません。また手帳型と同じようにICカードが入れられポケットはあるのでお財布ケータイとして使用することもできとても便利です。

スマホケースのポーチ型について

スマホを保護するためや見た目をオシャレにといった理由のスマホケースが主流ですが、スマホを保護することに特化したケースも多く発売されています。その中の1つとしてポーチ型タイプのスマホケースです。このタイプのケースは小さいポーチの形をしており、その中にスマホ全体をいれてチャックを締めてし舞います。なので衝撃にはかなり強く造られており、防水機能もあるので水にぬれても安全です。またストラップが付いているので、鞄などを持っていない人やポケットがない洋服でも、首からケースを掛けて持ち歩くことができて便利です。とくに防水機能は突然の雨などでスマホが濡れてしまうことを防いでくれます。首からかけられるという点から、アウトドアなどを楽しむ人に人気の高いケースです。ただしポーチ型はスマホを取りだす必要があるので頻繁にスマホを使用する人には不向きなケースとなります。

バッテリー内臓型のスマホケースについて

スマホを利用していて困るのが、バッテリー切れなどです。長時間外出先で過ごしたあとに、帰りには充電がなくなってしまったという事も多いです。スマホをよく利用するひとには多いことですが、それらを解消するために人気があるのがバッテリー内臓型のスマホケースです。このタイプのケースはケース自体にバッテリーが付いているので、充電を気にせず使用することができます。スマホを頻繁に使用する人にはとてもおすすめです。バッテリーが内蔵していますが、スマホケースとしてもしっかり機能しているので、衝撃にも強く耐久性があります。別のバッテリーを持ち歩く必要がないため、場所も取らずにたすかります。ただしバッテリー自体が内蔵されているということで、価格は他のケースに比べてかなり割高です。またバッテリー分の重さがプラスされるので、使用際は重さで疲れてしまうこともあります。

大型電化製品店・大型雑貨店にて各種スマートフォンケースをとり揃えております。(店舗により異なる) USスタードック社とWindowBlinds日本市場においての独占販売契約を締結しました。 カードポケット搭載・ストラップ装着可・スマホ本体を装着したまま写真撮影可能な手帳型ケースがあります。 Android全機種対応のスマホケースあります。 JR久宝寺駅徒歩19分大阪物流センター内に支社あり スマホケース選びならCollaBornへ