スマホケースの手帳型を使う場合の注意点

最近のスマホは高性能なものが多く、会社で導入しているところも多くあります。仕事などでスマホを使用する場合は、相手への配慮や見た目や保護などに優れているという点から、手帳型タイプのスマホケースが人気となっています。仕事に使う場合は、とても重宝するタイプのケースです。ですがこのケースを使用する注意点として、頻繁にスマホを利用するひとには注意すべき点が多いです。手帳型のケースは側面や背面だけでなく全面も覆い隠してくれるタイプのケースになるため、頻繁にスマホを利用するひとにとっては全面のカバーが邪魔に感じることがあります。また写真をとるときなども背面のカバーで隠されてしまってわざわざケースから外す必要がでることもあります。また充電器などを指す場合もカバーから外す必要があります。仕事用のスマホへあれば便利に使えますが、プライベートで頻繁に使用する人には不向きなカバーなので注意です。

スマホケースのハイブリットケースのメリットとは

最近スマホケースの中に人気が出てきているタイプとして、ハイブリットケースがあげられます。このハイブリットケースの大きな特徴は、ハードケースとバンパーケースの良い部分を合わせたタイプのケースという点です。縦からの衝撃にとても強く背面にもしっかりカバーが付いているので、傷がつくのを保護してくれます。また背面を保護してくれるケースは特徴として透明になっています。そのため、バンパーケースのようにもともとスマホが持っているデザインを損なうことがありません。スマホ自体のデザインを尊重しながら、スマホをしっかり保護してくれるスマホケースとして人気がでてきてます。また背面部分のケースにはICカードを入れるスペースがあるため、おサイフケータイのように使用することもできます。人気のあるタイプのケースではありますが、ハイブリットケース自体のデザインはあまり多くないという点があります。

スマホケースのシリコンカバーのメリットについて

スマホを保護するために使用する人が多いスマホケースですが、昔から安定して人気のあるタイプのケースとしてシリコン素材を使用したケースになります。その最大の特徴はゴムのように柔らかいとう点です。その為、スマホ本体にシリコン素材のカバーがフィットしてとてもなじむことができます。プラスチック素材で作られたケースよりも柔らかいので、ケース自体の薄い部分や角の部分が破損するという心配もありません。また人気のある理由として滑りにくさがあります。ポケットに入れておいて滑り落とし壊してしまうというのがスマホ破損で一番多いのですが、ポケットに入れておいてもシリコン素材は滑りにくいので落ちないというのが人気の理由です。ただしシリコン独特のゴムのような素材から、埃が付きやすいという点はあります。黒い素材のシリコン素材の場合は埃が目立つ場合があるので、ケースの色を選ぶ際は注意するとよいです。