スマホケースのハードタイプについての注意点

スマホケースの中で人気のあるタイプとして、ハードタイプのケースがあります。一般的に多くの人が利用しており、スマホを衝撃から守る耐久性やデザインの豊富さや自分でデコレーションできる自由さから人気があります。ただしハードタイプを使用する場合に、注意する点もいくつかあります。まずはハートタイプの材質上、熱がこもりやすいという点です。長時間スマホを使用することで熱が貯まり、それによってバッテリーの寿命を縮めることになるので、長時間使用の際は注意することがポイントです。またデザイン性が豊富ではありますが、塗装がとれやすい材質でもあります。ケース自体を消耗品だと割り切ることも大切です。最後のにケース自体の耐久性ですが、ケースの薄い部分や角の部分は若干割れやすいです。一度割れてしまうとスマホを守るための耐久性が落ちるので、ケースを新しく取り替える必要があります。

スマホケースのソフトケースを使用する際の注意点

スマホケースの中で、価格が安く滑りにくい特徴から人気のあるケースとしてソフトケースがあります。TPUという素材でできているものが多く手触りは柔らかく丈夫なケースです。シリコンケースのゴムのような手触りとは違った柔らかさがあります。シリコンケースには劣りますが、同じように滑りにくさはあるので無駄な落下防止にもなります。ですが、ソフトケースはハードケースよりもデザインが少ないという点があります。なのでなかなか気にいったデザインのものが見つけられないということが多いです。また熱や火に弱いという特徴があります。夏の日の車の中などに長時間置いておくと、車に籠った熱によってケース自体が変形してしまうことがあるので注意が必要です。他にはTPUの特徴として紫外線を吸収してしまうことから、色が変色してしまうことが多くありますので使用するさいは気をつけることが大切です。

スマホケースのバンパーケースの注意点について

スマホ自体のデザインを重視しているスマホケースとして、バンパーケースがあります。スマホの背面と表面にはカバーがなく、側面だけを囲うタイプのスマホケースになります。このタイプは熱がこもりにくいといった特徴や、スマホ自体のデザインが楽しめるという点ではおススメですが、注意しなくてはいけない点もあります。まずデザインがとても少ないです。その為、自分が望むようなバンパーケースはなかなか見つけるのは難しいかもしれません。また側面を全て囲むタイプのケースになるため、ボタン操作がしずらいということが多いです。もちろんボタン操作を考慮した造りの物もありますが、やはりカバーで側面を覆ってしまうのでカバーの種類によってはボタン操作自体が全くできないものもあるので選ぶ際には注意が必要です。最後に側面だけのカバーということで、背面と表面の保護は無いに等しいので落下には十分注意してください。